40代の基礎化粧品で若返る【ビューティースキンマジック】

女性三人

選び方や方法が鍵です

ボディ

赤ちゃんも弱いです

アトピーの人には肌に優しい保湿ケア商品が選ばれていますが、その中でも肌への浸透がよいもの、セラミドといった肌のバリア機能の強化をはかる成分が含まれているもの、それに加え複数の保湿成分が含まれているものなどが特に多くの人に選ばれています。ちなみに以上のような商品はアトピーの人のみならず、肌の弱い赤ちゃんやお年寄りの人にも選ばれています。特に赤ちゃんが肌がみずみずしいように見えますが、実は肌の層が薄いからなのです。したがって、アトピーの人のように肌のバリア機能もあまりなく、アレルゲンに反応しやすくなっています。つまり、アトピーのみならず肌の弱い人誰でも使える保湿ケア商品が選ばれている傾向にあります。

落とし穴を踏まえましょう

アトピーの場合、肌のバリア機能が落ちており、ちょっとした刺激やアレルゲンに反応しやすくなっているなっています。したがって、化学物質無添加のケア商品を使った保湿が大切となります。ただし、化学物質未使用のものでも、製造過程に使われている商品もあるのも事実です。また、肌のバリア機能が落ちているがゆえに肌を強化も行った保湿も行っていく必要があります。しかし、アトピー診断後処方されるヒルロイドやワセリンといった保湿剤には保湿効果はあるものの、肌のバリア機能を回復させる強化効果はありません。そのため、別のケア商品で肌の強化を行い、そのうえで保湿していく必要があります。特にワセリンは石油でできているためそれが原因で肌のバランスが落ちる人さえもいます。このように、落とし穴に気をつけつつ、肌を強化するスキンケアが必要となります。